名古屋市のなかやまクリニック
HOME>甲状腺の病気

橋本病

橋本病とは

橋本病橋本病は、甲状腺に免疫をつくって(自己免疫といいます)甲状腺に慢性の炎症が起きて、甲状腺が腫れ上がる病気です。慢性甲状腺炎ともいいます。患者さん自身の甲状腺に免疫物質ができ、甲状腺を破壊していきます。

橋本病の症状
検査
治療

原因である自己免疫を抑えれば橋本病も改善しますが、副作用の方が強いので免疫抑制剤などは使用しません。
甲状腺ホルモンが正常の場合は経過を観るだけです。大半の方は甲状腺ホルモンが正常です。
低下した場合のみ甲状腺ホルモン剤で補充します。
正常に甲状腺ホルモンがコントロールされるように定期的なホルモン検査が必要です。
甲状腺機能が正常に維持されていれば、全く普通の人と同じ生活をすることができます。

特殊な橋本病