甲状腺疾患は名古屋のなかやまクリニックまで
HOME>院長ブログ
カテゴリ1 / 

院長ブログ

名古屋 甲状腺 専門医のブログ バセドウ病のお薬

バセドウ病のお薬

バセドウ病患者さんの多くは甲状腺薬というお薬で治療されています。
甲状腺のホルモンをつくらなくするお薬です。

現在
①メルカゾ-ル
②プロパジール(チウラジール) の2種類がありますが、
効きの強さと副作用の少なさから①メルカゾールが圧倒的に多く使われています。

ただし、副作用で①メルカゾールが使えないとき、
妊娠初期と授乳中の患者様では②プロパジールを使うことがあります。

バセドウ病のお薬は勝手に中止しないようにして下さい。ご心配な方は、主治医または専門医にご相談下さい。
投稿者 なかやまクリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
名古屋 甲状腺 専門医のブログ バセドウ病

バセドウ病の治療

セドウ病の治療には
①お薬
②手術
③放射線治療

の3つがあります。
①お薬
簡単ですが、これで治る方は2割ぐらいとされています。あとの方は薬の治療を続けた場合飲み続けることになります。
②手術
入院・全身麻酔が必要で、キズあとも残ります。しかし、効果は確実で早いです。
③放射線治療
甲状腺ホルモンの材料であるヨードに放射線をつけて、体の中に入れて、甲状腺の中から放射線を出して甲状腺を徐々に小さくします。
外来でも出来ますが、効果出るまでに数ヶ月かかかり、効果が一定でないのが欠点です。

アメリカでは③放射線治療が主流で、7割ぐらいの患者さんが放射線で治療されています。
一番の理由は全体の医療費が安くなるからだそうです。
日本では①お薬が主流です。一部の患者さんが放射線治療を受けておられます。
ヨーロッパでは日本とアメリカの中間ぐらいです。

投稿者 なかやまクリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
名古屋 甲状腺 専門医のブログ バセドウ病

バセドウ病とタバコ

バセドウ病の患者さんがタバコを吸っているとバセドウ病が治りにくく、眼の症状が悪化しやすくなります。
眼の症状は眼球突出や眼の動きが悪くなって2重にものが見えたり、なかには視力が悪くなることがあります。
バセドウ病の患者さんにはタバコは絶対にいけません。禁煙をお勧めします。


投稿者 なかやまクリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
名古屋 甲状腺 専門医のブログ バセドウ病

バセドウ病とヨード

ヨードは甲状腺ホルモンの材料となるため、ヨードの摂り過ぎでバセドウ病が悪化すると心配させる方がいますが、普通道理で構いません。
ヨーロッパの山奥の国々などヨード摂取が 少ない地域では、ヨードとたくさん取るとバセドウ病の薬が効きにくくなることがありますが、日本では海藻を摂っても薬の効きに変わりないことがわかっています。
日本の甲状腺専門医はヨード制限はいたしません。
ただし、過剰に摂りすぎると、甲状腺ホルモンを急激に下げてしまいますので、薬で安定されている方が海藻の食べ過ぎで甲状腺ホルモンが低下する可能性はあります。
過剰に海藻を食べない限り心配ありません。
投稿者 なかやまクリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
名古屋 甲状腺 専門医のブログ バセドウ病

バセドウ病とストレス

バセドウ病は、なりやすい遺伝体質をもっている人が、精神的ストレスをきっかけに免疫異常を起こして起こりやすくなることがわかっています。
遺伝的体質と精神的ストレスが組み合わさって起こると考えられるわけです。
それだけに、精神的ストレスが多くなり過ぎないように注意することが大切です。

バセドウ病の治療中にも、イライラするようなできごとが多いと悪化することありす。
治っていたバセドウ病ストレスで再発することもあります。
精神的ストレスは発病の引き金になり、治りにくくなったり、再発したりします。

バセドウ病の患者さんは治りやすいように、悪化しないようにするためには、睡眠、食事、仕事など生活リズムを規則正しくすることです。疲れや精神的なストレスをため込まないように、リフレッシュすることも大切です。

投稿者 なかやまクリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)