甲状腺疾患は名古屋のなかやまクリニックまで
HOME>院長ブログ
カテゴリ1 / 

院長ブログ

名古屋 甲状腺 専門医のブログ 甲状腺腫瘍

甲状腺腫瘍の患者さん

数日前、甲状腺腫瘍があるという患者さが見えました。
近くの開業医さんで甲状腺に「しこり」を発見され、名古屋市内の有名な大きな病院に受診され、超音波検査を予約されたようですが、2ヶ月後にしかできないといわれ、心配になって当院に受診されました。

当日、甲状腺ホルモン検査と超音波検査を早速行いましたが、腫瘍はあるのですが、全く癌らしくなく良性ですとお伝え致しました。でも、安心したいとの希望が強いので、さらに当日、吸引細胞診(超音波検査を見ながら行う細胞検査)を施行しました。

本日、結果聞きに来られ、良性であること患者さんお伝えでき、早く安心できてよかったといって帰られました。
当院では、甲状腺検査は迅速に行い、できる限り来院当日に検査して早く診断するように努力しております。
投稿者 なかやまクリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
名古屋 甲状腺 専門医のブログ バセドウ病の眼の症状

バセドウ病の眼の症状

バセドウ患者さんは眼が飛び出てきたりしますが、眼の症状をバセドウ眼症と呼びます。
バセドウ病の患者さn約3割ぐらいにバセドウ眼症があるといわれています。

程度はさまざまで眼が少しパチクリしている状態から、中には瞼が閉じにくいぐらいに出ている方も見えます。そうなると眼の表面の角膜や結膜まで悪くなることがあります。

甲状腺に対する免疫が、眼の奥のところに炎症を起こすため、眼が出てきます。
眼を動かす筋肉にも炎症が起きると眼の動きが悪くなって物が2重に見えたり、
見た物を脳に伝える神経が圧迫されると視力が非常に悪くなることもあります。

バセドウ眼症でも重症の方は、眼の奥の炎症を早くなくすような薬をつかったり、
炎症細胞の元気をなくすように放射線を当てたりして、治療する必要があります。

投稿者 なかやまクリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
名古屋 甲状腺 専門医のブログ 赤ちゃんのバセドウ病

赤ちゃんのバセドウ病

バセドウ病は自分の甲状腺に対して免疫を勝手につくって、その免疫物質が刺激になるため、甲状腺ホルモンをたくさんつくってしまう病気です。

お母さんがバセドウ病の場合、胎盤を通じて胎児にこの免疫物質が胎児に移行して、生まれたときに甲状腺ホルモンが高くなることがあります。これを新生児バセドウ病といいます。

免疫物質が多いお母さんほど新生児バセドウ病を起こしやすいですが、バセドウ病のお母さん100人のうち1-2人ぐらいのお子さんに起こるといわれています。

原因である免疫物質は赤ちゃんの体内から1-2ヶ月でなくなります。病気は一時的ですので、あまり心配はありません。
投稿者 なかやまクリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
名古屋 甲状腺 専門医のブログ バセドウ病と遺伝

バセドウ病の遺伝

バセドウ病になる割合は、親がバセドウ病でない場合に比べて親がバセドウ病の場合は約6~10倍程度多いといわれています。
家族や血縁にバセドウ病の患者さんがいますと、バセドウ病がおきやすいのは事実です。

これは病気が遺伝するのではなく、バセドウ病になりやすい体質が遺伝しすます。
受け継いだ体質に精神的なストレスなどが加わって、甲状腺に対する免疫異常が起こって、バセドウ病が発症します。
日頃からストレスが多くならないように注意してください。
投稿者 なかやまクリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
名古屋 甲状腺 専門医のブログ バセドウ病と妊娠

バセドウ病治療薬と授乳

バセドウ病の患者さんで安全に子育てをして頂くことも大切です。
バセドウ病のお薬に①メルカゾール②プロパジールがあります。

母乳の中には①メルカゾールの方が②プロパジールよりもたくさん出ますので、
授乳される患者さんには②プロパジールをお勧めすることが多いです。

しかし、飲んでから数時間空ければ①メルカゾールでも問題ないとされています。①メルカゾールでも1日1錠ぐらいと少量でしたら実際には問題ないとされます。
投稿者 なかやまクリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)