甲状腺疾患は名古屋のなかやまクリニックまで
HOME>院長ブログ
カテゴリ1 / 

院長ブログ

名古屋 甲状腺 専門医のブログ 特殊な甲状腺機能亢進症

特殊な甲状腺機能亢進症 中毒性多結節性甲状腺腫


甲状腺の中に結節(しこり)がたくさんできて、そこで甲状腺ホルモンをたくさんつくるために、甲状腺機能亢進症となる病気です。
中毒性=甲状腺ホルモンが多い、多結節性=しこりが多数ある、甲状腺腫=甲状腺が大きい ということをいっています。
バセドウ病は別名、びまん性中毒性甲状腺腫と呼ばれます。
バセドウ病と違うところは、バセドウ病の原因物質であるTSHレセプター抗体がないことです。その他の血液検査では大きな違いはありません。
バセドウ病より、ホルモンは高くなく、甲状腺機能亢進症としては軽症のことが多いです。
しこりで甲状腺ホルモンをたくさんつくっていることを甲状腺シンチ検査でわかれば診断できます。
治療は、①手術、②放射線治療、③抗甲状腺薬で治療しますが、日本では①が多く、欧米では②で治療されることが多いようです。
投稿者 なかやまクリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
名古屋 甲状腺 専門医のブログ バセドウ病の薬の副作用

抗甲状腺薬の副作用①皮膚症状

バセドウ病の薬の副作用で皮膚症状が最も多い多く、飲みだして2週間ぐらいで起こります。約1割の患者さんに起こるといわれてます。
薬にの量が多いとひどくなる傾向にあり、薬が少なくなると改善する方もみえます。
抗ヒスタミン薬というじんま疹を抑える薬を併用したり、ひどい場合はお薬を変えるか、その他の治療を選びます。

投稿者 なかやまクリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
名古屋 甲状腺 専門医のブログ バセドウ病の原因

バセドウ病の原因-バセドウ病はなぜなるのでしょうか?


バセドウ病の人では、甲状腺ホルモンを作るようにを刺激するホルモン(甲状腺刺激ホルモン)の甲状腺の受け皿(受容体やレセプターといいます)に対して免疫物質ができ起こることがわかっています。
この免疫物質(抗体といいます)が甲状腺を刺激し続けるために、甲状腺ホルモンが過剰に産性されるのがバセドウ病です。

しかし、この免疫異常ががなぜできるかについては詳しくはわかっていません。
この免疫物質はTSHレセプター抗体、TSHレセプター刺激性抗体などといわれ血液検査で調べることが可能です。
投稿者 なかやまクリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
名古屋 甲状腺 専門医のブログ 甲状腺ホルモンが高くなる病気

バセドウ病以外の甲状腺ホルモンが高くなる病気

バセドウ病の他に、甲状腺ホルモンが高くなる病気があります。
バセドウ病以外でも、バセドウ病のように血液の甲状腺ホルモンが高くなります。
バセドウ病とは治療法は違いますので注意が必要です。

代表的には亜急性甲状腺炎無痛性甲状腺炎があります。
亜急性甲状腺炎は痛みがあろ、無痛性甲状腺炎は痛みがありません。
両方とも甲状腺が破壊されて、甲状腺内に蓄えられていたホルモンが血液中にもれ出てきます。

1-3ヶ月ぐらいで自然と甲状腺ホルモンは正常に戻りますので、一般的には甲状腺を低下させる治療は致しません。
投稿者 なかやまクリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
名古屋 甲状腺 専門医のブログ 乳頭癌(診断しやすい癌)
乳頭癌-診断しやすい癌
甲状腺癌の中で一番多いは乳頭癌です。
この癌は、超音波検査である程度、癌らしいと判定できますし、細胞診で確認します。
数mmの小さな癌でも、超音波画像を観ながら、細胞を採取することで診断できます。
投稿者 なかやまクリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)