甲状腺疾患は名古屋のなかやまクリニックまで
HOME>院長ブログ
カテゴリ1 / 

院長ブログ

名古屋 甲状腺 専門医のブログ バセドウ眼症

バセドウ眼症 (甲状腺眼症)

内科で行うバセドウ眼症の治療は、
①眼が閉じにくい、②物が2重にみえる、③視力低下
している患者さんが中心です。

眼の奥の脂肪や、筋肉に炎症が起きて、
腫れを抑える治療が中心です。

投稿者 なかやまクリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
名古屋 甲状腺 専門医のブログ バセドウ眼症

バセドウ眼症 (甲状腺眼症)

バセドウ眼症で治療が必要になるのは、
何らかの障害のある方です。
①眼の突出が強くて、眼が閉じにくい。
②眼を動かす筋肉の異常で、物が2重にみえる。
③視神経が圧迫されて、視力が落ちている。

などの症状がある方が治療の対象になります。
瞼の異常で形成手術を受けられる方の見えます。

投稿者 なかやまクリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
名古屋 甲状腺 専門医のブログ バセドウ眼症

バセドウ眼症 (甲状腺眼症)

バセドウ眼症の方で大切なことは
バセドウ病の治療をして下さい。
 バセドウ病が落ち着くと、バセドウ眼症も改善する方がいます。
 バセドウ病は放置せず、治療することが大切です、
②禁煙して下さい。
 喫煙とバセドウ眼症の悪化とは関係が明らかになっています。
 タバコを吸っていると、バセドウ眼症が悪化します。
 禁煙が必要です。

投稿者 なかやまクリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
名古屋 甲状腺 専門医のブログ バセドウ眼症

バセドウ眼症 (甲状腺眼症)

バセドウ眼症の患者さんではバセドウ病の原因である、
甲状腺自己抗体(TSAb:TSHレセプター刺激性抗体
が高い傾向があります。
原因は同じ様ですが、違うとも言われています。

バセドウ病眼症バセドウ病の30%に合併します。
バセドウ病を治療しても、バセドウ眼症が改善しないこともあります。
バセドウ病が起こる前にバセドウ眼症が起こることもあります。

以上のことから、
バセドウ眼症バセドウ病は関係がありますが、
それぞれの病気の勢いは別物であることが結構あります。

投稿者 なかやまクリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
名古屋 甲状腺 専門医のブログ バセドウ眼症

バセドウ眼症 (甲状腺眼症)

バセドウ病の特徴の1つに眼球突出があります。
約30%の方に眼の症状があります。

①眼の奥の異常 と
②眼瞼も異常があります
投稿者 なかやまクリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)